嵐のちょっと怪しいエピソード

性格がケチと言われていた嵐・二宮和也の意外な太っ腹エピソード

二宮和也の性格はどんな感じなのでしょうか?テレビを見る限りでは人なつっこくて明るく、でもゲーマーでインドア派という引っ込み思案な一面もあったりしますね。いろいろなエピソードなどを調べつつ二宮和也の性格について検証してみたいと思います。

 

二宮和也はびびりやすい性格?!

 

二宮和也の冠番組「ニノさん」がまだ深夜放送だった1stシーズンの時に自分の性格のことを「びびりやすい性格だ」と話していました。どうやらデビューした頃のKAT-TUNに怯えていて、中でも「亀梨くんと田中がスゲー怖くて、カツアゲされちゃうんじゃないかと思った。」と言っていました。

確かにジャニーズの中でも嵐はまったりとした仲良しさがありますが、KAT-TUNはどこかピリピリしたかっこよさのあるグループなのでびびってしまう二宮和也の気持ちもわからなくはないですけどね。亀梨和也がデビュー当時などグループ内で普通に殴り合いをしていたと言っていたこともあるので、そのような雰囲気が外見にも出ていたのかもしれません。

ニノさん画像1

 

 

二宮和也は本当はケチではない?!

 

二宮和也といえば・・・

・貯金が趣味
・お金が大好き
・急に仕事がなくなって翌年の税金が払えなくなったら困るから貯金している
・先輩だけでなく後輩にもおごってもらっている
・高い食べ物を食べない
・服もあまり買うことがなく何年も同じ服を着ている

など「ケチ」と言われるエピソードがいろいろあり、周りにもすっかり「ケチ」のイメージがついていますね。

ケチ画像2
ですが一方で人にあげるプレゼントなどは節約したりせず高価な贈り物をするんだそうです。2007年の櫻井翔の誕生日には「Wii」をあげたり、相葉雅紀の誕生日には3万円近くも服などを買ってあげたり、2013年には二宮和也が通った小学校が創立100周年ということがありプレゼントを送ったそうです。

週刊記事画像3

 

「全校児童と先生方の全員に、お菓子のマフィンをあげたそうですよ。あそこの学校は今500人くらいいるから、たいしたものですよね~」(地元住民)

学校を訪れてみると、「二宮クンのマフィンはリボンのついた黄色い袋に入っていて、かわいかった。味はとてもおいしかったよ!地元のケーキ屋さんで作られたものだって」(生徒の一人)

この“地元のケーキ屋さん”とは、ニノの実家のほど近くにある、開業30年の人気店。ケーキ以外にはマドレーヌやクッキーなども売っている。でも、ショーケースの中にマフィンが見当たらない…。

「確かにうちが作りました。プレーン味のマフィンです。だけど、今回は特別に作ったので普段は売ってないんですよ」(ケーキ店従業員)

お店によるとマフィンは1個200円。500人分なので、そえだけで10万円だ。さらに、マフィン以外にもプレゼントがあったという。

「時計も寄贈してくれたんです。盤面に二宮クンの名前が入っており、今は体育館に飾られています。生徒には式典当日まで内緒だったので、すごく喜んでいました」(小学校の教員)

時計はセイコー製で2万円近くのため、マフィンと合わせて12万円分のプレゼントということに。

(引用元:週刊女性11/26号)

 

このようなエピソードを見ると根っからのケチというわけではなさそうですね。今はいいけど将来が不安だということで倹約はしているものの他人にはお金を惜しまないなんて素敵だと思います。

 


関連記事

コメント

    • 1
    • 匿名さん
    • 2014年10月13日(月) 6:10 PM

    はあ

ページ上部へ戻る